<< 説明会終了。 | main | 選手のみなさんへ。 >>

スポンサーサイト

  • 2010.03.09 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


HFCのみなさんへ。

11/6広報を通じて、我々の思い考えをHFCへ手紙という形で届けました。
---------------------------------
株式会社北海道フットボールクラブの皆さんへ。
ゴール裏のサポーターグループ「ウルトラス・サッポロ」です。

現在我々は降格後の等々力から、クラブから来季のビジョンの提示がでるまで、応援自粛をしています。
これには二つの意味があります。

まずビジョンの提示については、決して「早く出せ」というアピールではありません。降格してもブレのないしっかりとしたビジョンを提示して欲しい、サポーターは注視しているという意味を込めています。

そしてもう一つは(こちらが今回の大きな目的になります)、我々は現在のクラブの状況に危機感を抱いており、これに対しての問題提起をしたいと思っています。現在のコンサドーレ札幌は、一部の熱心なサポーターが応援をしているだけで、決して広く道民・市民に愛されているとはいえない状況です。
このような状況を変えない限り、このクラブは決して発展することはないですし、それどころかこのような状況が今後も続くのであればクラブの存続にすら関わる問題だと思います。

そのためには、HFC社員の皆さんがこれまで以上に高い意識を持ち、努力していただけなければならないと思います。

そして我々はこの問題を、決してHFCの皆さんだけが考える問題ではないと思っています。我々は「HFC」「選手」「サポーター」の三つの存在がお互いに支えあうことで、「コンサドーレ札幌」というクラブが成り立つと考えています。我々も考えなければならないし、選手も考えなければならない。そうしなければ、このクラブは変わらないと考えます。今回の自粛はコンサドーレに関わる全ての人達にそのことを広く訴え、クラブが変わるためにみんなで考えていこうということをアピールするものです。

等々力から我々は「このチームで戦うなら赤黒のハートを持て」という幕を貼っています。これはこのクラブでプレーするなら、このクラブを愛して欲しいという我々の願いです。そして選手だけでなく、社員の皆さんにも、赤黒のハートを持って欲しいと思っています。サポーターと同じくらい、このクラブを愛して欲しいのです。
勿論趣味でサポーターをしている我々と、生活の為に働いている皆さんとでは立場が違います。出向で来られている方もいますし、残念ですが社長も数年で交代されてしまいます。一生このクラブと付き合っていこうと考えている我々とは相容れない部分はあるでしょう。

でも、それでも我々は訴えたいのです。
もっとこのクラブを愛してください。
このクラブが何のためにあるのか?を考えてください。
そのためには何ができるのか?を考えてください。
我々もこのクラブのために何ができるのか考えます。
もっと広く愛されるためには、そしてもっと確実に強くなるためにはどうすればいいのか。
そのための協力は惜しみません。

浦和戦はいつもの応援とは違った雰囲気になってしまいますが、自粛しているということは決してコンサドーレを応援していないということではありません。「クラブの未来に危機感を抱き、そしてクラブの未来を共に考えていきたい」という意思表示であり、そう考えているサポーターがいるということを感じてください。

そしてみんなで本当に広く愛される素晴らしいクラブをつくっていきたいと願っています。

スポンサーサイト

  • 2010.03.09 Tuesday
  • -
  • 08:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM